副業全般についての話

パワハラのトラブル問題がTVで報道されたら、それは【その業界が滅ぶサイン】

不人気業界を表す画像

昔、TVでADやディレクターがいじられて全国に【ブラック奴隷】であることを
面白おかしく伝えられ、TV業界のステイタスは壊滅した。

夢も希望もない奴隷になりたい奴はいないので、業界全体がしぼむ。

2018年現在、最新のそんな業界と言えば、体操やボクシングの指導者か(笑

あとは銀行員、女性医師も長期的に見て志望者が減るだろう。

国一と呼ばれるキャリア&ノンキャリア官僚がこれに続く。
「官僚になりたい」と志す者もいずれ大幅に減っていくだろうから。

現代の若者が抱く、職業に対するスタンス

この原因は、おそらくネットの情報共有化のせいだろう。
どんどんサイクルが早くなり、 現在は人手不足倒産まで進行中。

ただの人口減少のせいではない。
あらゆる分野の売り上げが減りだしているので、人件費が低い印象を持たれやすい。
”きれいな仕事”だとそれに長時間労働・高度オペレーションのおまけがつく。

●収入に対してリスクと要求能力が高い印象が付く
または
●リスクと要求能力に対して、収入が低いと印象が付く

上記2つの印象をもたれてしまうことで、
その仕事をやりたがる人、特に若者が激減するのがその理由。

なにしろ若者が毎年50万、100万人とこれから急減するのだ。
バカだのゆとりだの言っていられない。
『若者様』と呼ばなければいけなくなるくらい、貴重な存在になる。

若者に労働者になってもらうにはどうすればよいか。
それには最適解として2つある。

1:(たとえば収入面だが)夢を持たせること
2:楽な仕事 + 承認欲求を満たせること

今の多くの ”きれいな仕事” は夢があっても年齢に対して収入がついてこない。
そのような現実を見透かされているといって差し支えない。

金で解決すればいいのだが、社会保障費がまるごと吸い上げる。

この問題を解決するには大企業ではダメ。
しかし大企業の収益力は高い。
いずれ逆転するだろう。

承認欲求を焚きつけたものが勝つ!

GAFAなどネット企業の従業員が規模に比して少ないことを知らない人は多い。
GAFAが世界を独占すると、大量の普通の人が失業するわけだ。
ネット社会が進むほどに普通の労働者は減っていくことになる。

承認欲求が満たせる仕事は多く才能がモノをいう。
だから騙された、といって騒ぐ愚か者も増えるし そもそも競争率が高い。

たとえ若者の数が減ったとしても花形職業(アナウンサー、タレント)などの
ポスト数は決まっているので10のポストに1000人が群がる構図は変わらない。
むしろ観客が減るのでポストが減っていく可能性がある。
女子アナも今より数が減っていくだろう。

若者側も承認欲求のハードルを下げるようになっていくだろうが
若者は社会を知らないし、ワガママなので、社会制度を変えろ、という。
(GAFAを規制しろ、とか極論をいう)

現実を変えて自分の理想に合わせてくれ、という。

一例をあげると「楽して大富豪になるにはどうしたらいいか?」とか
FX専業で起業したいんですが可能ですか?」とか言い出す。

この二つのギモンは、実はまったく同じことを言っている。

そういうわけで、1と2のギモンの間を行き交う大量のどっちつかずが発生しつつあるのが現在の事情だ。

この浮遊層をいかに上手く焚きつけるか、に次の世代はかかっている。
本来少数で貴重なのに、 こんな無知ゆえに彼らはいずれ電脳農奴となっていく運命にあるから 彼らの表面的な理想通りにはならない。
かなりの数の若者が脱落する。

ネットが現実を丸裸にしているので、今の時代はITに明るくないと夢が持ちづらいのだ。

新興財閥は歴史上、銀行家以外、長期間生き残ったためしがないので(江戸豪商、日本財閥、ロシアのオリガルヒ、他インフラ系)、いずれ規模縮小か別の産業に名前だけ残していくだろうが、 しばらくはGAFAの時代が続くだろう。

ITが苦手な人は低所得者に、部分専門化しすぎた人はIT土方かどっちかにしかなれない。

※このような末路を防ぐために、自分自身で防衛しましょう!アフィリエイトで稼ぐしか未来を切り開いていく方法はないのです。
↓↓ 下記、稼ぐ実力がつくアフィリエイト実践のための参考記事 ↓↓

あわせて読みたい
『アフィLab』はアフィリエイト初心者にうってつけの塾、特典付レビューこの記事だけは、アフィリエイトをこれから始めよう、もしくは初心者でどうにかして稼ぎたい、という人に伝わるといいなと強く念じて、渾身の思い...